アカシア樹の天然樹液
自然界でのフクロモモンガは、アカシヤやユーカリの樹の樹皮をかじり、樹液を食する習性があります。
飼育下でのフクロモモンガへの天然樹液供給方法として、アカシア天然樹液玉をお勧めします。
■アカシア樹液玉の接着方法の例です。(※飼育環境などを考慮し、フクロモモンガが摂取しやすい方法で与えてください)
 底面に水滴をつける 登り木の枝の分岐点等を利用 止まり木にガム用の凹みを掘る
■手順
・アカシア樹液玉の底側に少量の水を付ける。指で擦ると粘りが出てきます。
・粘りがあるうちに(乾燥しないうちに)登り木や止まり木付ける。
・アカシアガム全体を霧吹き等で軽く湿らせ、流れ落ちる水滴が底面の隙間に浸みるようにすれば接着強度が上がります。
※アカシア樹液玉が落ちる等の接着が弱い場合は、再度湿らせて接着してください。
【ワンポイントアドバイス】
アカシア樹液玉の表面は、通常ケージ内では自然乾燥します。
フクロモモンガが活動を始める前に、樹液玉を霧吹き等で湿らすと摂取しやすくなります。
【注意】
樹液玉を細かく砕いた場合、フクロモモンガが摂取中に唾液により粘度が出てきて、粒が体毛に付着する場合がありますのでご注意ください!もし、体毛に付着した場合は、乾燥する前に取り除くようにしてください。粘着力が強い場合は、水分を含ませて取り除くようにしてください。(気にならなければそのままでも問題ありません、グルーミング時等に舐めてきれいにしています。)
アカシアガム
天然樹液玉 販売中!